WORK

業務案内

真空熱処理

高い光輝性を実現

真空中で加熱・冷却の操作を行うことによって表面の酸化や脱炭が生じない光輝性に優れた熱処理です。 真空固溶化処理や真空焼入、真空焼なましなど様々な処理が行えます。主にステンレス鋼の熱処理に利用されています。

三室型真空炉

三室型真空炉
  • 処理能力   500kg/チャージ
  • 炉内サイズ  610W×600H×915L

プログラム制御の採用により、昇温から均熱、均熱から冷却までの温度、時間などを精密に制御する事ができます。加熱方式は、モルダサームヒーター採用のマッフル炉になっており、パージ・加熱・冷却をそれぞれ個々に区分けされた場所で連続して行うことができるため、生産性に優れた炉です。

詳細を見る

大型真空炉

大型真空炉
  • 処理能力  1,000kg/チャージ
  • 炉内サイズ 800W×800H×1,300L

プログラム制御の採用により、昇温→均熱→冷却までの温度、時間などを精密に制御する事が可能です。炉内サイズが大きいことから、三室型真空炉で処理できないサイズの製品でも容易に処理が行うことが可能になっています。

詳細を見る