WORK

業務案内

調質

強度と靭性、機械加工性の向上を目的として、焼入後に高温で焼戻しを行い、組織をソルバイトやトルースタイトにする処理です。 また、高周波焼入、窒化の前処理としても利用されています。

バッチ型調質炉

バッチ型調質炉
  • 処理能力  900kg/チャージ 
  • 炉内サイズ 760W×660H×1,220L

KYORITSUのバッチ型調質炉は調質炉1基、焼戻し炉2基でライン化されおり、素材の前処理として重要な調質も生産性に優れた処理ができます。また、冷却剤に水溶性冷却液を用いた環境にもやさしい設備です。

詳細を見る