WORK

業務案内

応力除去焼なまし

目的に応じた組織を容易に提供

加工などで生じた応力や結晶粒のムラを変態温度以下で加熱し、鋼のストレスを取り除く処理です。 主にプレス加工応力や溶接の熱応力を除去するのに利用されています。

連続低温焼なまし炉

連続低温焼なまし炉
  • 大幅な処理時間の短縮が実現
  • 仕上がりのばらつきが好少なく、高品質な製品を提供

KYORITSUの連続低温焼なまし炉はプレス加工などで生じた応力を除去する設備です。ヘリンボンタイプのメッシュベルトを採用しており、微小な製品にも対応することができます。バッチ型やピット型などに比べバラツキが少なく、処理時間も大幅に短縮でき、高品質、短納期で製品を供給できます。

詳細を見る