WORK

業務案内

溶体化処理

アルミニウムなどを加熱・急冷して過飽和固溶体にする処理です。 溶体化後に時効処理を行うことにより優れた機械的性質を引き出すことができます。

バッチ型溶体化炉

バッチ型溶体化炉
  • 300kg/チャージ
  • 760W×660H×1,220L

アルミなどの非鉄金属も熱処理を行うことで、機械的性質を高めることができます。非鉄金属は材質ごとに細かく温度範囲が決められているため、非常に厳しい温度管理が求められます。KYORITSUのバッチ型溶体化炉は温度管理の精度が高い溶体化炉と時効炉がライン化されており様々な材質に対応できます。

詳細を見る