WORK

業務案内

焼ならし

鋼を組織の変わる変態温度以上に加熱し、そこから大気中で自然冷却を行い、前加工 などの影響を元の標準状態(ノーマル)に戻す処理です。主に熱間鍛造後の処理として利用され、後処理の浸炭処理などのにも影響してきます。

多目的連続焼ならし炉

work_thm04
  • 従来には無かったバスケット搬送機の導入により、大型製品にも対応。
  • 打痕防止機能が搭載されているので小型製品も対応可能。

KYORITSUの多目的連続焼ならし炉は従来の連続炉では処理できなかった様な大型の製品もバスケット搬送機により処理が可能となりました。
これにより製品の品質が均一化されるだけではなく、コストパフォーマンスに優れた 製品を短納期で提供できます。また小型製品もバイブレートシューターとリフターとの組合わせで打痕対策が施されています。

詳細を見る

連続焼なまし炉

work_thm05
  • 炉内は全長11m。大幅な時間短縮が実現。
  • 焼ならしだけではなく、焼なましも対応できる多様性。

KYORITSUの連続焼なまし炉は全長11mの6ゾーン構成で、材質、処理に応じたキメ細かい炉内温度調整で、焼ならしはもちろん冷却の温度管理により焼なましにも対応できます。特に焼なましはバッチタイプやピットタイプに比べ大幅に処理時間を短縮でき、短納期、ローコストで製品を供給できます。

詳細を見る

ピット型加熱炉

work_thm06
  • 大型・長尺製品の対応が可能。
  • 焼きなまし製品にも対応が可能。

KYORITSUのピット型加熱炉はφ1300とφ800の2基で構成されており、メッシュベルトタイプではできないような大型製品や長尺製品に向いています。優れた温度管理システムにより加熱から均熱までを操作し最適な焼ならし組織を実現します。また長年の経験と確かな知識で炉内の冷却状態を操作し焼なまし製品にも対応できます。

詳細を見る