WORK

業務案内

ガス軟窒化

高い付加価値(耐摩耗性・疲労強度・耐食性)に挑戦!

鋼を浸炭性ガスとNH₃ガスの雰囲気中で加熱し、表面に炭窒化物と窒化層を形成させ表面の耐摩耗性、耐疲労性、耐焼付き性の向上を目的とした処理です。変態温度よりも低い温度で処理するので熱処理による歪がほとんど発生しないのも特徴です。

バッチ型ガス軟窒化炉

work04_img02
  • 処理能力 750kg/チャージ
  • 炉内サイズ 760W×660H×1,220L

パージ・加熱・冷却をそれぞれ個々に区分けされた場所で連続して行うことができるため、生産性に優れた炉です。

詳細を見る

ピット型ガス軟窒化炉

ピット型ガス軟窒化炉
  • 処理能力 2,000kg/チャージ
  • 炉内サイズ φ1,220×1,220H

モルダサームヒータ採用のマッフル炉です。
雰囲気の早い安定と優れた昇降温特性、安易なメンテナンス、省エネなどの多くの特徴を持っています。
窒化専用プログラム制御の採用により、昇温から冷却までの温度、時間、雰囲気ガスを精密に制御する事が可能です。
ピットタイプの炉であることから、長物にも対応できる炉です。

詳細を見る