Word

熱処理用語集

や行

    焼入れやきいれ

    鋼の場合、高温(オーステナイト状態)に加熱したのち急冷し、マルテンサイトと呼ばれるきわめて硬い組織を得るために行う処理。

    ページの上へ

    焼入残留応力やきいれざんりゅうおうりょく

    焼入れで発生する残留応力のこと。

    ページの上へ

    焼入性やきいれせい

    鋼のマルテンサイト変態の生じやすさ。

    ページの上へ

    焼むらやきむら

    鋼部品の焼入れの際に、完全には焼入硬化しない部分が局部的に生じること。

    ページの上へ

    焼戻し脆性やきもどしぜいせい

    焼入れした鋼をある焼戻温度に保持した場合、または焼戻温度から徐冷した場合、脆性破壊が生じやすくなる現象。
    主に構造用鋼で問題となる現象で、工具鋼ではSK、SKSで300℃前後の低温脆性が顕著であるが、SKD、SKHでは残留オーステナイトの影響と高温焼戻し時のマルテンサイト化の影響に左右されるので、本来の焼入れ脆性との関係が希薄となる。

    ページの上へ

    焼戻割れやきもどしわれ

    焼入れした部品を焼戻ししたときに生じる割れ。

    ページの上へ

    有効加熱帯ゆうこうかねつろ

    炉において、実際に被処理物を装入できる空間で、所要の温度分布性能が得られ、作業性の面からも支障のない作業域をいう。

    ページの上へ

    有効硬化深さゆうこうこうかふかさ

    硬化層の表面から、規定する限界硬さの位置までの距離。
    浸炭焼入れにおいて、日本工業規格(JIS)によれば、表面から硬さHV550までの位置までの距離を「有効硬化層深さ」と規定しており、生地の硬さまでの距離を「全硬化層深さ」と規定しております。

    ページの上へ

    予熱よねつ

    鋼を所定の熱処理温度まで加熱する際、表面と内部との温度差をできるだけ小さく抑える目的で中間の温度にいったん保持し、均熱化を図ること。

    ページの上へ