Word

熱処理用語集

用語一覧

    燃焼組織ねんしょうそしき

    異常に高い温度で加熱され、燃焼(バーニング)を起こした金属組織の事。一般に組織が粗大で、結晶粒が離間されており、またその間に酸化物の薄膜の存在などが認められるのが特徴である。

    ページの上へ

    ノル・テンのる・てん

    焼ならし-焼戻熱処理で鉄鋼の組織、特性を調整する操作。炭素鋼鍛鋼品の大形部品では焼きが入りにくく調質効果があまり期待できないため焼入焼戻しは行わず、鍛造品の組織の微細化のための焼ならしと、内部応力低減や均質化のための焼戻処理が施されて出荷される。
    また合金鋼大形鍛鋼品では、焼なまし処理のかわり、焼ならし-焼戻処理が採用される。
    焼入性が良好で、徐冷法や等温変態法では、短時間にフェライト・パーライト変態を完了させることが困難な鋼種の焼なまし処理に採用されている。

    ページの上へ

    白点はくてん

    合金鋼の破面に現れる欠陥の一種。

    ページの上へ

    白熱脆性はくねつぜいせい

    鋼が高温でもろくなり、加工困難になる性質。熱間脆性又は赤熱脆性とも呼ばれる。

    ページの上へ

    箱焼なましはこやきなまし

    光輝焼なましを密閉した容器の中で行うもの。

    ページの上へ

    肌あれはだあれ

    熱処理や熱間加工によって生じた加工品表面の凹凸の事。

    ページの上へ

    肌焼きはだやき

    熱処理により表面の炭素を多くし(浸炭)、焼き入れした鋼。表面が硬く、内部はねばりがあり、耐摩耗性を要する部品に用いる。肌焼き入れ。

    ページの上へ

    バーンオフばーんおふ

    脱脂洗浄法の一種 熱処理炉の廃熱を利用し、前工程で被処理品に付着した加工油剤などを、炉前に設けられた予熱室で燃焼させて除去する方法。

    ページの上へ

    パージぱーじ

    バーナを始動する直前、または停止させた直後に、燃焼室内の未燃ガスなどの燃焼安全を確保するため換気すること。=置換

    ページの上へ

    パーライトぱーらいと

    フェライトとセメンタイトとが交互に重なった層状組織。鋼をオーステナイト状態からゆっくり冷やすと現れる。
    断面を顕微鏡で観察すると、一見パール(真珠貝)のような色合いを示すことから、パーライトと呼んでいます。

    ページの上へ